ミネラルファンデーションの塗り方にはコツがある

ミネラルファンデーションの塗り方にはコツがある

どんなに高価な化粧品でメイクをしても、肌に合わず荒れてしまっては勿体ないです。あるいはどんなに朝キレイにメイクが出来たとしても、夕方に崩れて直せないくらいになってしまっては、アフターファイブを楽しむことも出来ません。肌に優しく、仕上がりもキレイなミネラルファンデーションがおススメです。

「ミネラル」とはどういうものが含まれているのか

ミネラルファンデーションというのは、天然の鉱物だけで作られた自然派のもののことです。シリコンや界面活性剤・オイルなどの化学物質が入っていないため肌への負担が軽く、敏感肌の方でも使えるものが多いです。主に含まれるミネラルは、日焼け止め(UV)効果のある酸化チタン、肌に透明感を与えてくれる酸化亜鉛、発色の元となる酸化鉄などがあり、特に亜鉛の成分には抗炎症作用があるため、メイクをしながら肌を守ってくれる効果もあります。つけ心地も軽い上に、他のファンデーションのように毛穴を詰まらせることがない為、ナチュラルな仕上がりになります。

ミネラルファンデーションをキレイに仕上げる為の準備

お肌に優しいだけでなく、キレイに仕上がる夢のようなファンデーションですが、実は肌に密着させる成分を含んでいないため、適当に使ってしまうと崩れやすくなったり、本来のカバー力を発揮出来ない仕上がりになってしまいます。上手に使いこなす為にはいくつかの簡単なコツがあります。ひとつは、洗顔後の保湿をしっかり行うことです。乾燥がひどいと時間の経過とともにファンデーションがヨレやすくなります。ただしこの時、保湿直後の湿った肌にファンデーションを塗らないように注意しましょう。水分と混ざってダマになってしまいます。

ミネラルファンデーションの塗り方のコツ

自然な仕上がりになる反面、カバー力が少し弱いミネラルファンデーションですが、塗り方のコツさえつかめば健康的な肌を演出することが出来ます。塗る道具は、パフでもブラシでもお好みで構いませんが、それぞれの塗り方のコツは異なります。商品には大抵どちらかがセットで付いた状態で販売されているはずですので、まずはその付属品を使ってみましょう。ブラシを使用する場合は、蓋に粉を出してからブラシを蓋の中でクルクルと回しながらまんべんなく付けるのがポイントです。そしてブラシを一旦ティッシュで軽く撫でて、余分な粉を落とします。肌に塗る際にはクルクルと回しながら少し押さえ気味で塗っていきます。パフの場合は、粉をパフに直接付けてしっかり揉みこみます。押さえずに優しく肌の上を滑らせるように塗っていきます。

まとめ

ファンデーションは、メイクの中でも最も塗る面積が広く、長時間塗った状態で過ごすアイテムです。なるべく添加物が入ったものは使いたくないでしょう。ミネラルファンデーションで肌をケアしながらナチュラルな美しさを手に入れてみてはいかがでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

メイクに使えるだけじゃない、寝ている間にスキンケアも
カバー力も期待できる、リキッドタイプのミネラルファンデーション
ミネラルファンデーションの使い方
クレンジングは必要ないけど、落としておきましょう
ミネラルファンデーションで毛穴ゼロを実現
ミネラルファンデーションは値段が手ごろです
ミネラルファンデーションで肌のツヤを際立たせる
ミネラルファンデーションなら化粧直しなども簡単に済ませることができる可能性が高い
ミネラルファンデーションは下地クリームが不要です
ミネラルファンデーションには日焼け止めの成分が包有されています
ミネラルファンデーションで乾燥肌を防げます
肌荒れしやすい人はミネラルファンデーションを使いましょう
ミネラルファンデーションには自然成分で構成されます
安全性の高い国産のミネラルファンデーションを使用しよう
ミネラルファンデーションは、長時間メイクが崩れないのが特徴です
ミネラルファンデーションの選び方は重視するポイントを絞るのがお勧めです
ミネラルファンデーションの毛穴落ちトラブル改善方法
ミネラルファンデーションは乾燥肌にもオイリー肌にもおすすめ
ミネラルファンデーションはお湯で落とせるのも便利なところです
乾燥しやすい肌の人は保湿効果の高いミネラルファンデーションを選ぶ
ミネラルファンデーションは持ち歩きが手軽です
ミネラルファンデーションのシミ隠しはとても素晴らしく使用感が軽やかで肌にも優しい
ミネラルファンデーションにはメリットもデメリットもある
ミネラルファンデーションは無添加のメイクアップ用品です