カバー力も期待できる、リキッドタイプのミネラルファンデーション

カバー力も期待できる、リキッドタイプのミネラルファンデーション

肌に刺激がないのはいいけど、ミネラルファンデーションにはカバー力がない、という不満も耳にします。

カバーしたい部分の状態にもよりますが、確かにパウダータイプのミネラルファンデーションは、自然に仕上がる分カバー力は弱めかもしれません。

近年ではリキッドタイプのミネラルファンデーションも多く作られていて、そちらはパウダータイプのものよりカバー力が高いものも多くあります。

カバー力が高いミネラルファンデーションを上手に選べば、満足できる仕上がりにすることも出来ると思います。

 

天然ミネラルと保湿成分配合のリキッドファンデ

リキッドタイプのミネラルファンデーションで、お勧めなのはエトヴォスのものです。

もともと敏感肌用の化粧品を作っているエトヴォスは、リキッドファンデーションもミネラルと保湿成分で作っています

肌のキメに入り込みやすく、落としにくい成分は使われていないので、クレンジングも不要です。

 

エトヴォスから派生したヴァーチェも、クレンジング不要で肌に刺激のない成分で出来ています。

いずれも、パウダーより密着度も高くカバー力もあるのでお勧めですね。

 

ミネラルが配合されてるだけのリキッドにはご用心

肌に刺激がなく、健康な状態を保てるため、ミネラルファンデーションの人気は高まりました。そのため、色んなメーカーがミネラルファンデーションの名前で製品を出すようになりましたが、注意しなければならないことがあります。

 

それは、名前がミネラルでも、ミネラルだけで作られていないものがあるということです。

ミネラル成分も確かに配合されているけど、タルクや合成ポリマーなどの添加物も使われていて、落とすにはクレンジングを使わないといけない、というものもあります。

そういったものを使って、ミネラルファンデーションと同じようにクレンジングを使わずにいると、汚れがたまって肌荒れの原因になってしまいます。

往々にして、添加物が多いものの方がカバー力があったりしますから、選ぶ際には原料をよく見てからにするといいですね。

 

パウダーをリキッド化する方法も

肌に優しいけど、カバー力はあまりないと感じられるパウダータイプのミネラルファンデを、肌への密着、保湿力、ツヤ感、崩れにくさ、カバー力があるリキッドファンデに変化させる方法もあります。

 

ミネラルファンデーションのパウダーに、手持ちの美容液を混ぜてリキッド化する方法です。美容オイルでもOKです。

コツは、あまり水っぽくならないようにすること。水分が多いと、まだらになりやすいので。

これだと、クレンジングも不要ですし、密着度も保湿力もあがります。そして、気になる部分に重ねれば、カバー力も高くなるので、お勧めですよ。

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

メイクに使えるだけじゃない、寝ている間にスキンケアも
ミネラルファンデーションの使い方
クレンジングは必要ないけど、落としておきましょう
ミネラルファンデーションで毛穴ゼロを実現
ミネラルファンデーションは値段が手ごろです
ミネラルファンデーションで肌のツヤを際立たせる
ミネラルファンデーションなら化粧直しなども簡単に済ませることができる可能性が高い
ミネラルファンデーションは下地クリームが不要です
ミネラルファンデーションには日焼け止めの成分が包有されています
ミネラルファンデーションで乾燥肌を防げます
肌荒れしやすい人はミネラルファンデーションを使いましょう
ミネラルファンデーションの塗り方にはコツがある
ミネラルファンデーションには自然成分で構成されます
安全性の高い国産のミネラルファンデーションを使用しよう
ミネラルファンデーションは、長時間メイクが崩れないのが特徴です
ミネラルファンデーションの選び方は重視するポイントを絞るのがお勧めです
ミネラルファンデーションの毛穴落ちトラブル改善方法
ミネラルファンデーションは乾燥肌にもオイリー肌にもおすすめ
ミネラルファンデーションはお湯で落とせるのも便利なところです
乾燥しやすい肌の人は保湿効果の高いミネラルファンデーションを選ぶ
ミネラルファンデーションは持ち歩きが手軽です
ミネラルファンデーションのシミ隠しはとても素晴らしく使用感が軽やかで肌にも優しい
ミネラルファンデーションにはメリットもデメリットもある
ミネラルファンデーションは無添加のメイクアップ用品です